このサイトでは、これから住宅の外壁塗装リフォームを検討されている人に役立つ情報を紹介しています。
主な紹介内容としては、塗装工事は火災保険を活用すると安く施工ができること、塗装に使う塗料の種類を把握して種類ごとのシミュレーションを行うことが重要などが挙げられます。
他にも、塗装は家の印象を大きく変えるものであり、塗装を行った人の中でも人気の色にはどのようなものがあるのか、わかりやすく解説を行ってあります。

外壁塗装は火災保険活用で安く施工

外壁塗装は火災保険活用で安く施工 マイホームをお持ちの人の中には、火災保険に加入されているケースも多いのではないでしょうか。
これは家の重要なリフォームでもある外壁塗装工事の費用で活用できるケースもあるといいます。
外壁塗装は、100万円前後の費用が必要になる家を守るための大切なリフォームです。
塗料の種類や家の規模などにより金額が変わりますし、塗装業者によってもその費用は差が生じることがあるなど数社への見積もりや塗料の種類によるシミュレーションが大切です。
なお、火災保険を使えるのか否かは、加入している保険会社の担当者に問い合わせをするのが良いでしょう。
条件により火災保険が使える場合と使えない場合がありますので、事前に確認をしておけば費用の節約に繋がって来ます。

サイディングを使った住宅の外壁塗装の方法

サイディングを使った住宅の外壁塗装の方法 自宅の外壁塗装で、サイディング素材なら10年を目安に塗装をする必要があります。
紫外線やその他風雨などで傷んできていますし、サイディングをつなげるコーキングの劣化も気になってくる頃です。
外壁塗装は、多くの業者がありますのでいくつかの業者に見積もりを依頼すると費用対効果が良くなります。
外壁塗装といっても、材料や人件費などは業者によって異なりますしアフターメンテナンスなども内容も違うのが実情です。
高いお金を払うのですから、少しでもコストパフォーマンスが良くなるようにするのがお勧めです。
外壁塗装をするなら、まずはすぐに見積もりを出してくれる業者に依頼をして相場を知るのも一つの方法です。
色や効果なども色々なものがあって、紫外線や雨に強いものなどは特に人気があります。
ある程度の期間が経過したら、外壁塗装をすることは屋根の塗装と同様に、住宅の寿命を延ばしてくれる重要なポイントです。
サイディングは、近年人気の外壁の工法となっており、それに見合ったいろいろな塗料が販売されています。
思い切ってイメージを変えるようなカラーを選ぶこともできますし、様々な効果があって住宅にメリットをもたらしてくれる塗料も人気です。

外壁塗装で人気の色は?

家の外壁は、塗装の色で随分と印象が変わってきます。どんな塗装にするかで、家全体の雰囲気やスタイルを好みのものに生まれ変わらせることも可能なのです。
他の家は、一体どんな外壁塗装をしているかも気になるでしょう。人気の外壁塗装を見ていきます。まず定番なのがやはり「白」です。
いつの時代も白い外壁の家は、印象が良く多くの人に好まれます。真っ白を選ぶ人もいれば、アイボリーやクリーム色などで、同じ白でも柔らかさを出すこともできます。ベージュの外壁も多く使われています。白よりも汚れが目立ちにくく、落ち着いた感じに仕上がるでしょう。
ベージュにも種類があり、グレーがかったグレージュ・明るいライトベージュ・暗めのダークベージュなどがあります。
モダンな印象にしたいなら、思い切って黒の外壁塗装もおすすめです。ドアや窓枠を白にすることで、重たくなり過ぎずお洒落なたたずまいになります。このように外壁塗装一つでガラリと変えることができるので、塗り直しなどのメンテナンスを考えている人は、家の造りに合わせて楽しんでみてください。

外壁塗装でおしゃれな家に生まれ変わるためのポイント

家の外壁は、年月が経つほど劣化し、もともとの色が薄くなってきたり、塗膜がはがれてみすぼらしくなったりしていきます。
外壁がきれいだと、家の印象が良くなりきれいで手入れが行き届いているイメージになるので、古くなっている外壁は外壁塗装できれいに生まれ変わらせましょう。
外壁塗装でおしゃれな家に生まれ変わるためには、色の選び方がポイントです。色見本をしっかりと見て選ぶことはもちろんですが、カラーシミュレーションを利用して全体のイメージを確かめたり、質感をチェックして好みに合わせて選ぶことをおすすめします。
同じ白でもクリーンなイメージの白や温かみのあるアイボリー、落ち着きのあるベージュなどいろいろなニュアンスがあります。
またツートンカラーやワンポイントなど、おしゃれな印象になる外壁塗装も選ぶことができます。施工事例を見せてもらったり、塗り替えをした家を見て歩いたりしながら、自分好みの外壁塗装で満足度の高い外壁リフォームを実現しましょう。

外壁塗装に関する営業の種類や対応の心構えは?

外壁塗装の営業は大きく2種類に分けられます。1つ目は塗料や工具の仕入れなどを行う企業相手の取引です。そして、2つ目は一般の人を相手に、自社の外壁塗装を売り込むセールスです。
一戸建ての持ち主のなかには、そのようなセールスを受けた経験があるという人も多いでしょう。その際に、何となく怪しく感じて追い返してしまった経験もあるかもしれません。
たしかにリスクはゼロとはいえませんが、営業担当者の話を聞いてみる価値があることも事実です。場当たり的に訪問しているのではなく、外から外壁をしっかり観察したうえで判断している可能性があります。
つまり、必要性があることが分かったうえで、そのためのサービスを提案しているわけです。それを無視して住み続けた結果、外壁に深刻なクラックが発生するような事態に遭遇する可能性もあります。
したがって、専門知識に基づくアドバイスを受けることを目的として、セールスの内容を聞いてみるのも一つの手です。

外壁塗装の豆知識!?下塗りとはどのような工程?

外壁塗装は3~4回の重ねりを行うのが基本ですが、重ね塗りをする理由はペンキの被膜を外壁に定着させる目的があるためです。
1度だけの塗装では薄い形で外壁にペンキが塗られることになりますが、これはあくまでも外壁の表面に薄い塗膜が形成されただけで耐候性や耐水性を向上させるまでには至りません。
この塗装面に2回もしくは3回の塗料を重ねるように塗ると、そこには厚みを持つ塗膜が形成され耐候性および耐水性能を高める効果を期待することができるようになります。
ただ、重ね塗りをすれば良いわけではなく、塗膜がしっかり外壁に定着していることが外壁塗装では重要であり、その定着力を高める効果を期待できるのが下塗りです。
外壁塗装は塗装面をきれいに仕上げる下地調整が重要なポイントになりますが、この下地となる部分と2回目の塗装の接着剤の役割を持つのが下塗りであり、この塗装工程が丁寧に行われることで塗膜は外壁に対して強力な形で形成されます。

外壁塗装で使われる塗料の種類

外壁塗装で使われる塗料には、有機系と無機系のものがあります。一般的には、石油などの有機物を主成分とした樹脂が外壁塗装で使用されます。
樹脂の種類は、アクリルとウレタン、シリコン・フッ素の4つです。耐久性はアクリルが3から5年でウレタンが5年から7年、シリコンが10年から12年でフッ素が12年から15年の耐久年数です。
アクリルが最も安価で、ウレタン・シリコン・フッ素の順に金額が高くなります。無期系は、レンガやガラスといった無機物を配合して作られますが、無機物の純度が高くなるほど高耐久性です。
そのため、耐久性重視で外壁塗装を行う場合は、工事費は高くなってしまいますが、フッ素か無機塗料を使用すると良いでしょう。
また、予算や耐久年数に応じて樹脂を何にするかを考えることもおすすめします。注意点として外壁塗装をする時には、足場を組んで行う必要がありますが、耐久性が短いものだと次の工事の際にまた足場代がかかる、ことも頭にいれておいてください。

外壁塗装についてもっと調べる

外壁塗装に詳しいサイト